総量規制の簡単説明

総量規制の疑問解消へ

総量規制とは「貸金業法」改正により、キャッシングなどでの個人の借入金額が、原則として年収の
3分の1までと規制されたことをいいます。(一部例外あり。)
この「貸金業法」平成18年12月に成立され、準備段階を経て徐々に施行され、平成22年6月
総量規制を含む「貸金業法」が施行されたのです。

「貸金業法」が施行された理由として、多重債務の問題があげられます。社会問題にもなっている
多額の借金を背負った多重債務者など、これらを減らそうという趣旨で、以前の法律に手を加え
新「貸金業法」が施行されるに至ったのです。

さて、その「貸金業法」に含まれる総量規制ですが、ここから詳しく説明していきます。
まずは、総量規制の対象になるものですが、総量規制は貸金業者の貸付が対象とされており
中でも、個人向貸付に総量規制がかかり、法人向貸付などは規制の対象外なのです。
例えば、銀行ですが、銀行の貸付は総量規制の対象外となっており、それに伴い銀行系の
カードローンも総量規制の対象外になっています。
一方、クレジットカードですが、クレジットカードで現金を借り入れする場合、これは総量規制の対象になります。
上記してあるとおり、年収の3分の1と規制されていますので、借り入れ金額がそれを超過している場合ついての、新規の借り入れは不可能ということになります。
次は、クレジットカードでショッピングをする場合、これに関しては総量規制の対象にはなっていないので、年収の3分の1以上の借り入れがある場合でもクレジットカードでショッピングしてもなんの問題もないのです。
ただ、最近の傾向としてクレジットカードを利用する人が、総量規制の規制外にある銀行系カードローンに変更する人が増えている」ようです。

この貸金業法改正による総量規制ですが、多少の弊害もでているようで、低年収の人たちや、専業主婦のような収入が無い人たちに関しては、施行以前のように融資を受けることができないという問題が生じたようです。